血糖値が気になる方向けのサプリメント

健康診断で脂肪代謝率が最悪に

kenkoshindan先日健康診断の結果が出たのだが、これまで全てがA判定だったのに、今回は脂肪代謝率という項目がE判定になっておりかなりびっくりした。
20代の頃から毎晩のように飲み歩いて、締めに必ずラーメンという暮らしをしてきたが、健康診断は常にA判定で、この不規則な生活を続けていても健康には自信があったのだが、30代からお腹周りに脂肪が付いてきて、そして40代に脂肪代謝率Eという判定が下された。私は身長175㎝で、20代の時は65㎏だった体重も30代後半には70㎏後半、40代になって80㎏という体重にまでなってしまったが、健康にはまだまだ自信があっただけに結構ショックな健康診断の判定であった。

糖尿病の専門医で診てもらうことに

判定以上に最もショックだったのは、糖尿病の可能性がある為、専門医で診断してもらうようにと診断書に書かれていたことである。「えっ」という青天の霹靂とも言うべき内容だった。最近体もだるいし、仕事中も集中力が切れることもあって、これって糖尿病と何か関係あるのかと思い、糖尿病を専門としている内科病院へ行くことに。健康診断の時と同じ様に前日の夜9時以降は何も食べずに、次の朝9時に病院へ行って診断してもらった。糖尿病の診断に行う、空腹時血糖値(9時間にわたって絶食した後に計測した血糖値)と、食後血糖値(75gのブドウ糖を摂取した状態で計測する血糖値)を実施し、診断結果は、糖尿病ではないがかなり糖尿病に近い状態であるとのこと。糖尿病になったら、厳重な食事制限が必要な上、食事毎にインスリンを注射しなければならないようになるとか。

糖尿病予防に食事改善

shokuji糖尿病にならないようにするには生活習慣の改善が必要で、まずは運動をすること、そして血糖値を下げるように食事の仕方や、食材にも気を使う必要がある。食事は血糖値を急激に高めてしまうご飯などの炭水化物の糖質のものは極力少なくし、野菜類や青魚などの食材が好ましいとの事。私は朝ごはんを食べない人なのだが、朝、昼、晩と規則正しい食事が良いとのことである。しかし運動することや、食事の食べ方を変えることは日々の生活の中で実施することが出来ても、食材を毎回血糖値を下げる食材にすることはかなり難しい。というのも家での食事の食材には気を使うことが出来ても、外食時の食材は必ずしも選べる訳ではないことだ。血糖値を下げる食材としては、野菜類では、オクラ、玉葱、ブロッコリー、アエロ、きのこなど、肉魚類では、サバなどの青魚、果物類ではバナナ、調味料ではお酢、オリーブオイルなど。これらの食材を使っているものを外食で摂ろうとするとかなり無理がある。

血糖値を下げるサプリメント

外食時の食事では中々血糖値に気を使った食事が摂れないでいたのだが、健康食品に血糖値を下げることが出来るサプリメントがあるとのこと。1か月分で5000円前後の価格で、食事の際に飲むことで血糖値の急激な上昇を穏やかにしてくれるサプリメントがいくつか発売されており、商品によっては特定保健用食品や機能表示食品の承認を取っている商品もある。これなら毎日の食材をそれ程気にしなくても良さそうなので、検討してみることにした。専門に紹介しているサイトもあったので、こちらの「血糖値を下げる.com」を参照して検討中である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>